金指勝悦 伝統の技に独自の手法・デザインで生み出した金指勝悦の無垢の寄木細工

寄木細工

箱根寄木細工…

それは江戸時代末期、箱根畑宿に興った独特の工芸技術で、いろいろな木の持つ色合いや風合いを組み合わせて、精緻で幾何学的な模様を創りだす、他に類例をみない木工芸品です。

本来…

箱根寄木細工は、ちがう色の木を寄せ合わせて模様を作りその無垢のブロックを薄く削って製品に貼り付ける(貼り)を云いますが、当店の手法ではブロックをそのまま独自の技術で削り一個の立体製品にしています(無垢)。そのため、大量に作品を創る事ができません。

寄木細工

なお、作品には最後まで責任を持つため焼印を押しています。お求めになった製品は、直射日光や高温、多湿の場所を避けてご愛用ください。


寄木細工体験観光客の皆様向けに寄木体験教室も実施しております。
詳細はこちらのページから